棟カバー(針葉樹)の特徴

夏は開放、冬は密閉。ゲイトによる開閉機能付

夏や強い換気が必要なときは換気扇のゲイトを開放し熱気や湿気を排気することにより、涼しく快適な空間になります。また、冬はゲイトを閉じて密閉します。断熱性に優れた材質を使用した気密性の高い構造になっているため、温度差の少ない、暖かな居住空間をつくりだすことができます。

業界が認める静粛性

ファンを使用する機械換気は、その騒音がダクトを通じて居室にもれるという問題がありました。換気扇(涼樹)もファンを使用していますが、静粛性で定評のあるクロスフローファンを採用しています。さらに、設置場所が屋根裏の最上部であることも静かさを保つ特徴の一つです。

内蔵されたクロスフローファン

自然換気・機械換気によるハイブリット換気

棟換気扇(涼樹)は熱い夏、屋根裏に溜まってしまう熱気や湿気を効率よく排出できるファンが内蔵されています。そのため、無風の時でも熱気や湿気、またシックハウス症候群の原因となる有害な化学物質もどんどん排出させます。 また、ファンを止めても開放時は自然換気が保てるので、自然換気と機械換気のハイブリット換気が可能です。

換気扇(涼樹)について
さらに詳しく動画で見る