CONCEPT私たちの家づくり

四季を楽しむ、心地よい暮らし自然エネルギーで快適に暮らす家

どんな季節も、日本の
大切な四季の一部。

四季の移ろいを感じ取り、楽しみながら暮らしてきた私たち。

冬や夏、梅雨といった、ネガティブに捉えられがちな季節も、
快適な住まいがあれば、それぞれの風物詩を楽しむ暮らしができます。

エアムーブ住宅は、環境に配慮しながら、快適に暮らせる家を
実現しました。電気を多く使う設備に頼るのではなく、太陽熱や地中熱を利用して心地よく。

エアムーブ住宅は、そんな毎日をお約束します。

  • 冬のエアムーブ

    木枯らしが木々を揺らしてる。あれ?
    そういえば今日、暖房つけなかったね。

    冬、外は寒くても、家の中は暖かい。エアムーブ住宅は、太陽の熱を取り込んで、暖めた空気を家中にじゅんかんさせます。だから、家中どこにいても、やわらかな暖かさで包み込まれているよう。床下まで暖かな空気が巡るおかげで、床が冷たくならないので、冬でも足元がヒヤッとする感覚がありません。スリッパなしで快適に過ごせます。

  • 夏のエアムーブ

    エアコンなしでも涼しい。冷房に悩まされなかった夏なんて、何年ぶりかしら。

    夏、家を涼しくするには、熱と湿気を家の中から追い出すこと。エアムーブ住宅は床下から冷たい空気を取り入れて、屋根から熱を持った空気を排気する、”家まるごと換気”、いわば電気を使わない自然の冷房。窓を閉め切って外出していても、帰ってくると、家の中はいつも爽やか。サウナ状態とは無縁です。

  • 梅雨のエアムーブ

    外は今日も雨。
    でも家の中の洗濯物はもう乾いてる。

    梅雨のときを快適に過ごせる角桜花は、住まい選びの重要ポイント。エアムーブ住宅は、屋根から熱と湿気を一緒に逃がすので、ジメジメしません。除湿機なしで、湿度が下がる家です。高温多湿は、カビやダニの温床。カラッと爽やかなエアムーブ住宅なら、清潔で健康的な毎日を過ごせます。もちろん、家だって長持ち。

エアムーブ住宅は、パッシブハウス・ジャパンの一員として
地球にも、人間にも、良い家を増やす活動を進めています。

PASSIVE HOUSE JAPAN

家族がふれあえる住まい家族のふれあいが自然に生まれる間取り

いつでも家族を感じられる。
自然と家族が集まってくる。

住まいとは、住む人が幸せになるための場所。
だからこそ、家族がひとつになって、ふれあい、支えあいながら暮らせる家をつくりたいと考えました。

そこで、私たちが大切にしているのは、リビングを中心とした開放的な間取り。

子どもが外から帰ってきても、「ただいま」「おかえり」と、必ずリビングの誰かと顔を合わせます。キッチンにいても、子ども部屋にいても、どこでも家族の気配を感じられる間取りです。

アフターメンテナンスの
専門部署があります。

お引き渡し後も安心で快適な暮らしに貢献したいから、
アフターメンテナンスの専門部署をつくりました。

お悩みや不具合があればすぐに対応しますし、
20年に渡る定期点検プログラムを備え、第三者機関の定期点検など、
万全なサポートシステムも整えています。

また、エアムーブ住宅に必要な「住宅の衣替え」の時期には、
毎年春と秋の2回、おハガキでご案内。
500名が集まる「夏の大感謝祭」など、楽しいイベントも多く開催しています。