エアムーブ工法とは?

夏涼しく冬暖かい
「衣替え」のできる家

エアムーブ住宅はパッシブを味方につけた、シンプルだけどスゴイ「自然の空調を取りれた高気密・高断熱住宅」です。太陽熱と空気を自在に操り、夏はこもった空気を逃し、冬は暖かい空気を取り込むことを実現しました。それを可能にしているのが、建物に設けられた給気口と排気口。これによって一般住宅では実現できない、季節によって「衣替え」のできる家になっているのです。

季節のある日本

冬、古い家はとても寒く、健康にも決して良いとは言えないものでした。その寒さに対して出来たのが、サッシや断熱材を使用した、現代の高気密・高断熱な住宅。しかしその結果、高い気密性と断熱性によって結露が発生し、カビなどの健康を害する結果にもつながってしまいました。さらに、夏には家の中がとても暑く多湿となり、熱中症などを予防するために、常にエアコンを使用しなければならないなど、多くの問題が出てきました。

夏も冬も24時間・365日、
電力を使用

現代の高気密・高断熱な住宅は、機械によって管理しなければならず、光熱費がかさみ、環境にも良いとはいえない状況を生むことになってしまったのです。

自然の力を利用して
空気を動かします

家の基礎部分に給気口、空気層のできる壁内にある逆止弁、屋根部分に排気を促す棟換気扇、棟カバーを取り付けます。これらの独自部材を使用し、家全体の空気の流れをつくり、自然の力で空気を動かすサイクルをつくり続けます。

住宅工法で初めて
「グッドデザイン賞」を受賞!

何もかもゼロから開発したエアムーブ工法は、地道な検証を繰り返して、その快適性を科学的に証明。東京大学や早稲田大学との共同実験・検証を行い、数値によって快適性を証明しました。2012年度には住宅工法として初めて「グッドデザイン賞」を受賞。未来を示唆するデザインとして「グッドデザイン・ベスト100」、特別賞の「グッドデザイン・ものづくりデザイン賞」にも選ばれています。