エアムーブを
活かす素材

群馬の高温多湿な気候
工法に適した素材でつくる

エアムーブ住宅では、群馬県の高温多湿な気候と、エアムーブ工法の効果を最大限に高めるために下記の素材を推奨しています。エアムーブ工法の特徴は、温度差によって空気を自在に操ること。より空気が動きやすいように、独自の考え方で素材も選んでいます。

外装材: ガルバリウム鋼板

一般的に耐久性と軽量性で採用されているガルバリウム。私たちは「集熱効果が高いため」採用しています。エアムーブ工法では外装材の下の空気層で冬は集熱した熱を室内へと運び家全体を温めます、また夏はこの温まった空気の上昇を利用し床下の冷気を家全体へと運びます。併せて暖かい空気は室内にある湿気を引きつれ棟の部分で換気され、湿度を下げる役割を果たすのです。

基礎: 断熱性に優れた耐震基礎

基礎の外側と内側を断熱材で包むことで床下に断熱性の高い空間をつくり出し、太陽熱や地熱という自然エネルギーを活用でき、足元が快適で家中の温度差が少ない室内環境を生み出します。
また、一般的な基礎とは違い、耐圧盤と立ち上りコンクリートが一体化しているため、継ぎ目がなく耐震性に優れた基礎です。万全なシロアリ対策も施されています。

床材: 無垢床材

エアムーブ工法では冬は集熱した熱気を床下や壁の中に取り入れます。このため自然の温かさが得られ、スリッパ等がなくても温かい床を実現します。夏も床下が涼しいことから床材も床自体もひんやりします。ですので、私たちは素足での暮らしをおすすめしています!

内壁・天井: 漆喰

VOC(有害化学物質)の吸着・分解、調湿効果、においを軽減してくれる日本伝統の素材です。火に強く、アルカリ性でカビが発生しずらく、音が通りにくいなど、機能性も抜群な漆喰。パッシブな暮らしでは欠かせない材料です。

窓: Low-eガス入りアルミ樹脂複合サッシ

夏は熱の侵入の7割、冬の熱気が逃げる5割が窓といわれています。樹脂はアルミと比較するとかなり断熱性能に優れている素材です。熱伝導率が低く、冬場の窓枠部分を触ってもヒヤッとすることがなく、結露の発生も抑えることができます。もちろん熱戦防止のLow-e仕様、アルゴンガス入りのガラスを採用しています。

柱: ヒノキ

構造体に用いる柱は、シロアリに強いヒノキを採用しています。壁の中を空気が走るエアムーブ工法の特性上、柱が防蟻処理されていると、その薬剤を空気と一緒に室内に拡散させてしまうことになってしまいます。ヒノキは天然の忌避効果のあるヒノキチオールが含まれており、シロアリだけでなく、ダニ、ゴキブリにも効果を発揮し、人には森林にいるような香りがあり癒やし効果を与えます。

パーツひとつひとつが
特許取得性能実験で証明された快適さ

エアムーブ工法は、パーツひとつひとつが特許を取得。「エアムーブ」の家は、私たちにしかつくれません!また品質は、東京大学や早稲田大学など、建築学の研究チームと共同で性能測定実験をおこない、データによっても快適さを実証しています。

エアムーブ工法は、家の周囲に多く存在する自然エネルギーを最大限活用し、夏は日射を利用し家を冷やし、冬は夜の冷気を利用し昼得た暖気で家を温める事で冷暖房エネルギー消費を抑える工法です。基礎・外壁・屋根を断熱材で一体化し、その断熱材の内側と外側に2系統の空気の流れを作り出します。そしてその流れの中に季節に応じ気流をコントロールする逆止弁を配置。その弁は環境変化に応答し空気の流れで動作し適正な住環境を作ります。この事により同一の断熱性能の住宅に比べ夏3〜5度低く、冬は3度室温が高い室内空間を作り出しているのです。

比較実験棟での計測

東京大学と共同での実験棟を建築。エアムーブ工法の建物と、次世代省エネルギー基準に適合する高気密・高断熱住宅建築しました。この2つの実験棟について、24時間態勢で3分おきに温度・湿度・躯体内気流速度などの項目を測定。測定箇所は居住空間だけでなく、外壁・内壁・床下・躯体内など、1棟ごとに約 150か所におよびました。その実験結果の一例が以下のデータになります。

不快指数の比較

実験の結果、測定値を見てもエアムーブ住宅では常時3度から5度ほど低いことがわかります。また、不快指数についても差があることがわかりました。そのほか、湿度についても、エアムーブ住宅のほうが20~30%ほど少ないという測定結果が得られました。

冬の温度比較

冬期の午後2時を設定し、2階南室を対象として、室内温度の発生頻度を算出しました。エアムーブ棟のグラフは温度が高くなるにつれ、高気密高断熱棟のグラフよりも、より右側に現れます。エアムーブ棟は太陽エネルギーを利用して室内を暖める効果があることがわかります。

夏の温度比較

夏期の午後8時の温度を集計した累積度数です。グラフが右側に現れるほど温度が高い日数が多いことを示します。