自然の力で
年中快適構造

太陽の恵みに包まれる心地よさ、
住む喜びを全身で感じるすまい。

太陽の恵みを家の中に取り込んで、身体にも地球にもやさしい“自然な暖かさ”と“自然な涼しさ”を部屋の隅々にまで行き渡らせます。1年365日、朝目覚めたとき、みんなでご飯を食べるとき、外から帰って来たとき、子供たちを寝かしつけるとき、そして眠っている間まで、すべての暮らしのなかで快適性を感じていただけます。

冬のエアムーブ住宅

屋根裏や床下までしっかり“家まるごと断熱”。家中どこにいても、やわらかな暖かさ。外は寒くても、家の中は暖かい。エアムーブ住宅は太陽の熱で空気を循環させ、家全体を均一な暖かさで包みます。

エアムーブ住宅の
家まるごと断熱

エアムーブ住宅:
屋根・壁・基礎で断熱。家 全体が暖かくなります。

一般的な住宅:
天井・壁・床で断熱。床下に冷気がたまり、床が冷えます。

冬の空気の状態

南側の壁や屋根に陽が当たるとその内側にある空気層が 暖まり、家全体に暖まった空気の循環が生まれます。

基礎断熱だから、昼間の暖かさを床下のコンクリートに蓄 熱することと、冬でも暖かい地熱を利用することが可能。 それにより、夜間は下から熱が上がってきます。

夏のエアムーブ住宅

家を涼しくするには、熱と湿気を家の中から追い出すこと。 “家まるごと換気”なら、「暑さ」がどんどん外に出ていく。熱をもった空気を外に出し、冷えた空気を取り入れ続ける。だから、冷房を使わなくても、家の中を涼しい空気が流れます。

エアムーブ住宅の換気

エアムーブ住宅

温まった空気が上昇する性質を利用して、熱を外に出します。それにより床下の冷えた空気が居室内に引き上げられます。

一般的な住宅

室内だけの換気では、天井裏にこもった熱が排熱されず、 徐々に家全体を温めてしまいます。

夏の空気の状態

夜間は冷えた空気が床下のコンクリートに流れ込み、畜冷されていることと、夏でも冷たい地熱により、下から冷気が上がってきます。

梅雨のエアムーブ住宅

ジメジメした不快感を“家まるごと換気”で解消。雨が降り続く梅雨でも、家の中はカラッと爽やか。梅雨どきを快適に過ごせるかどうかは、住まい選びの重要ポイント。エアムーブ住宅は、熱と湿気を一緒に逃がすので、家の中は除湿器いらずの爽やかさです。

エアムーブ住宅の湿気の状態

エアムーブ住宅

湿気の正体である水蒸気は温まった空気とともに上昇するため、棟から効率的に排出されます。

一般的な住宅

除湿器などを使用して室内の湿度を下げても、天井裏の湿気は排出されないため、家全体が高温多湿状態になります。

水蒸気の性質

水蒸気は、大きさが空気の250分の1(10万分の4ミリ= 0.4sオングストローム)と極めて小さいので、木材やボード、クロスなどを簡単に通り抜けてしまいます。