SDGsへの取組

いち早く家づくりから
環境問題に取り組んだ
私たちだからできること

エアムーブ住宅では、早くから環境問題に着目し、電力やCO2を発生する化石燃料を極力使うことなく、自然エネルギーを使う事で夏涼しく冬暖かい快適な住環境を作り出しました。その結果が工法初のグッドデザイン賞です。これからも持続可能な世界を実現するため、SDGsの考え方に賛同し、以下の取組を続けていきます。

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、持続可能な世界を実現するための17の目標です。

3. すべての人に健康と福祉を

暖かい家が健康に暮らす秘訣です。自然エネルギーを循環させ家中どこでも暖かいエアムーブ住宅は、そこに住まうご家族がいつまでも健康に暮らしていただける家づくりをしています。

11. 住み続けられるまちづくりを

エアムーブ住宅は躯体内の空気を自然の力で動かすことで常に木材(柱や梁)を適度に乾燥させています。建物劣化の原因となる湿気をこもらせません。その結果、丈夫で長持ちする耐久性の高い、いつまでも安心して住み続けられる家づくりをしています。

13. 気候変動に具体的な対策を

最近の異常な夏の暑さに対してエアムーブ住宅は、床下と棟を使い、自然の力をうまく利用して室内の熱と湿気をどんどん家の外へ排出します。暑い夏もエアコンに頼り過ぎない自然な涼しさを感じられる健康的な家づくりをしています。