新築時イニシャルコスト

エアムーブ住宅で建築される方の費用の内訳です。やりたいことを全て見積りに反映すれば、ほとんどの方は予算オーバーだと思います。必ず叶えたいこと、出来ればやりたいこと、のように優先順位を決めて土地選びや間取り、仕様を考えましょう。その後の生活がより良くなることをイメージしてください。建物が大きくなれば価格は上がります。複雑なカタチになれば価格上昇の要因となります。安くても建物の性能が落ちるものやメンテナンス費用が余計に掛かるものは、エアムーブ住宅ではお勧めしません。結果、生涯コストのアップになるからです。価値ある建物に、しかし余計なお金を掛けずに、快適な暮らしが可能なご提案をいたします。

家づくりは最初に予算計画書を作成しましょう。

住まいに関係する
ランニングコスト

イニシャルコスト(建物)を下げて住宅ローンを抑える。しかし他のランニングコストに費用が掛かる暮らしと、住宅性能を考えたイニシャルコストを支払い、他のランニングコストを抑えて健康に暮らす。仮に住宅ローンが終わるまでに支払った金額の合計が同じだったら、どちらが快適に暮らせるでしょうか。

住宅ローン 25年~35年返済が一般的

光熱費 冷暖房(エアコン等)

メンテナンス費用 外壁、設備入れ替え、デッキ塗装等

医療費 住宅が寒いと健康を損なう

ランニング
コスト

メンテナンス費用にお金を掛けるより、お子さまの学費や施主様の趣味などにお金を掛けていただきたいと考えます。

生涯光熱費(35年間32坪の場合)

これまでの
一般的な住宅

光熱費(冷暖房) 1,050万円

現在の省エネ
基準住宅

光熱費(冷暖房) 875万円

ランニングコスト 約18%削減
エアムーブ住宅
の住宅

光熱費(冷暖房) 450万円

ランニングコスト 約50%削減
(設備入替除く)