エアムーブ工法

快適な生活のための理想的な換気とは「部屋の空気を入れ換える」だけでなく「住まい全体の空気を入れ換える」ことです。「あたたかい空気は上昇する」という自然の摂理を応用し、基礎給気口から空気を取り入れ屋根裏まで、住まい全体に空気の流れをつくり、棟から熱気や湿気、シックハウス症候群の原因となる科学物質なども排気する理想的な換気システムです。

棟カバー(針葉樹)

排出量がきわめて多い

一般の住宅では、小屋裏の換気をする場合、軒裏やつまに換気口を設けています。しかし、それだけでは屋根裏にこもった熱気や湿気は完全には外に抜けきれません。 棟カバー(針葉樹)は屋根の最上部に排気口があるので、「暖められた空気は上昇する」という自然の原理にもとづいて、熱気や湿気をとことん外に排出します。 また、外気の風速が大きいほど、その排出量が増大する特許構造になっているので、排出量の大きさにともない、躯体内の空気がひっぱりあげられ排気が促されます。

雨・雪などの侵入を防ぐ

棟換気設備の多くは、風の強い日に排気が逆流し、雨や雪が入り込む現象が報告されています。棟カバー(針葉樹)は、排気能力を妨げずに雨・雪などの侵入を防ぐことができる高性能な構造になっています。

棟カバー(針葉樹)についてさらに詳しく動画で見る

棟換気扇

夏は開放、冬は密閉。ゲイトによる開閉機能付

夏や強い換気が必要なときは換気扇のゲイトを開放し熱気や湿気を排気することにより、涼しく快適な空間になります。また、冬はゲイトを閉じて密閉します。断熱性に優れた材質を使用した気密性の高い構造になっているため、温度差の少ない、暖かな居住空間をつくりだすことができます。

業界が認める静粛性

ファンを使用する機械換気は、その騒音がダクトを通じて居室にもれるという問題がありました。換気扇(涼樹)もファンを使用していますが、静粛性で定評のあるクロスフローファンを採用しています。さらに、設置場所が屋根裏の最上部であることも静かさを保つ特徴の一つです。

自然換気・機械換気によるハイブリット換気

棟換気扇(涼樹)は熱い夏、屋根裏に溜まってしまう熱気や湿気を効率よく排出できるファンが内蔵されています。そのため、無風の時でも熱気や湿気、またシックハウス症候群の原因となる有害な化学物質もどんどん排出させます。 また、ファンを止めても開放時は自然換気が保てるので、自然換気と機械換気のハイブリット換気が可能です。

換気扇(涼樹)についてさらに詳しく動画で見る

エアフィン

これからのエコ住宅を実現する、住まいの心肺機能。

エネルギー消費の少ない家づくりは、いまや社会的要求であり、国からの要請でもあります。そして、人々が心から望んでいることです。私たちはかねてより現在の住宅作りに疑問を抱き、本物のエコ住宅とは何かを追求してきました。そして辿り着いたのが“生きている家”エアムーブ住宅です。エアムーブ住宅が“生きている家”と呼ばれる理由は、電気やガスに頼らず自然の力で“呼吸”を行い、それにより家全体が快適で健康的な状態に保たれることにあります。その要となる部材が、従来の住宅にはない壁内逆止弁。これが家に呼吸をさせ、夏は涼しさ、冬は暖かさをもたらします。さらにこの呼吸は、カビや腐食を防止して家を長生きさせ、シックハウス症候群の原因物質を排出。冷房による冷えや暖房による乾燥などの悩みも解消してくれます。

壁内逆止弁の働き快適のカギを握る“空気”をコントロール

壁内の通気層に取り付けられた逆止弁が一定方向の気流を生じさせ、夏は熱と湿気を効率よく排出し、冬の昼間は家全体の空気をかき混ぜるように暖気を循環させます。そして、冬の夜間は、壁の中が“閉じ込められた空気層”となり、抜群の保温性能を発揮。また、家の中に空気が淀む場所がないため、臭いや煙なども短時間で消えます。

エアフィンについてさらに詳しく動画で見る

基礎給気口

基礎の強度を落とさない円形の給気口

従来の四角い換気口は、基礎の鉄筋を切断して施工されるため、強度が落ち、さらに角部にもひび割れが起きやすくなります。基礎給気口(風樹)は円形のため、基礎の鉄筋を切らないのでヒビ割れを起こさず、基礎の強度が保つことができます。

開閉できる給気口

基礎給気口(風樹)は、バネ付き回転式ハンドルによって開閉できるようになっており、操作もきわめて簡単です。寒い冬には給気口を閉じて、野外の外気を遮断します。「風樹」自体の気密・断熱性能が優れているため、寒い冬は給気口を閉じることにより、熱の放出や冷気の侵入を防ぎます。 また暑い夏は、給気口を開けることにより、床下の風通しが良くなります。

空気を外に逃がさない逆支弁構造

基礎給気口(風樹)は逆止弁構造なので、外からの風に対しては非常に弱い力でも開きますが、入った空気が内側(床下側)から出ていくことがありません。そのため、通気工法の利点を最大限に発揮できる空気の流れをつくりだすことができます。

基礎給気口(風樹)についてさらに詳しく動画で見る

建物の断熱には大きく分けて「部分的断熱」と「家まるごと断熱」の2つの方法があります。 一般的には主流の「部分的断熱」は、屋根裏に熱気や湿気がこもり易く、夏はとても暑くなり、冬も温度差による結露やカビやダニが発生し易くなることがわかってきました。 部分的断熱のそうした問題点を解決するためにうまれたのが基礎・壁・屋根に断熱材を使用して建物全体をすっぽり断熱する「家まるごと断熱」です。

屋根断熱材

「屋根断熱」にすると住まいはここまで快適になる。

屋根と小屋裏は太陽の日差しの影響を直接受ける過酷な環境にあります。一般的な天井断熱では、小屋裏に熱気や湿気がこもりやすく、断熱効果も落ちるため居室空間が熱くなってしまいます。 しかし屋根断熱は屋根面で断熱するため、小屋裏は太陽熱の影響を受けにくく熱も溜め込みにくいので、ロフトや収納スペースとしてムダなく有効活用できます。

過酷な環境下でも屋根の強度を保つ

屋根断熱材(タイト・シーリング)は、458mm幅の断熱パネルです。約460mmと短い間隔で垂木が配置されているので、風や雨、日射や雪など過酷な環境下でも屋根の強度が保てます。

壁断熱材

環境に優しい断熱パネル

壁断熱材(タイト・ウォール)は枠組みをなくし、接着剤を使用しなくても接合できるようになっています。リサイクルもできるので、人の健康にも、環境にも優しい断熱パネルです。

筋違の約4.8倍の強度を実現

従来の木造住宅は、強度を保つために筋違を使用しています。しかし、筋違は、節や材質、接合部など状況により均一な強度が保てません。壁断熱材(タイト・ウォール)は高精度加工された耐震断熱パネルです。面で支えることにより、耐震強度が大幅にアップ。自由設計を実現しながら、耐震性も兼ね備えています。

近隣で火災が発生しても断熱材を守る

従来の外張り断熱の住宅と異なり、外壁と断熱材の間にパネルが加わります。このパネルの効果により、近隣で火災が発生した場合でも、建物内部に熱が伝わりにくくなり断熱材を溶かしづらい構造になっています。

壁断熱材(タイト・ウォール)をさらに詳しく動画で見る

壁断熱材(タイト・ウォール)の施工の手順を動画で見る

基礎断熱材

基礎断熱ができる型枠

基礎断熱型枠(タイト・モールド)はコンクリート打設後にそのまま断熱材になり、省エネ住宅に必要不可欠な基礎断熱が同時に施工できます。また、工場で組み立てられたユニット状態の型枠を現場に搬入するので、 きわめて精度の高い、品質の一定した基礎をつくることができます。

2重のシロアリ対策

基礎に外張りされた断熱材は、シロアリにとって格好の標的になってしまい、基礎断熱の大敵でした。タイト・モールドは断熱材の素材にホウ酸を混ぜ合わせ、シロアリの被害から断熱材を保護。さらに断熱材の上にアルミ製の「防蟻笠木」を取り付けることでシロアリの侵入を二重で防ぐ対策を施しています。

強度が強い基礎

従来の基礎は段階的にコンクリートを打設していくため、「耐圧盤」と「立ち上がりコンクリート」の間に継ぎ目が生じます。地震のような外力や経年変化にともなう劣化などにより、継ぎ目には亀裂が入りやすく、強度低下や浸水などの危険性が高くなります。基礎断熱型枠(タイト・モールド)は、浮かし型枠で耐圧盤と立ち上がりコンクリートを同時に施工することができるので、継ぎ目のない、きわめて安定した強度の基礎をつくることができます。

基礎断熱についてさらに詳しく動画で見る

安心構造

環境に合わせた安心構造

日々進化し続けるエアムーブ住宅は、暑さ・寒さだけではなく地震にも台風にもシロアリにも強い住まいを実現しています。シンプルだけどスゴイ、独自の仕掛けで「住まう家族が幸せになる家」を目指して研究開発を繰り返しています。